インドの旅の終わりに。
今回来る予定になかったインド行きは、
前回送った荷物の一つが日本に届いていたにもかかわらず、
送り状が取れていた結果インドに送り返されてしまったことから始まった。
インドの友人のおかげでどうにか再び日本に送ることができそうなのだが、
手間と費用を考えると二度とこういう経験はしたくない。
しかしインドに来たことで、
前回出会いそびれた品物も手に入れることができた。
今の時代アジアの国に行って、
そこで売られている物をそのまま日本に持ち帰って売れるモノは少ない。
そんな中でインドにはまだ面白いモノがある。
只、仕入れの旅は純粋の意味での旅ではないから、居心地の良い場所を優先できない。
移動や交渉や環境も含め、これで暫くは来なくてよいと毎回思うのだが、
気が付けばまた来ている。
キツくてもそれに見合ったものを与えてくれる。
それが自分にとってのインドの旅なのかもしれない。

12540783_1116178141740398_204101671

1933833_1116178161740396_3492065858


12523008_1116178181740394_889492127


12507378_1116178211740391_8490252_2


| | コメント (0)

今日のターリー

インドの旅も終わりに近づき、
チョット美味しいものでも食べておこうと思った。
ベジなのに北インド風のカレーなのか、どれも重い。
半分程で食欲が失せる。
美味しくないのではない、重いのだ。
今まで食べてたターリーはお代わりしてたのになぁ。
ひとつの気付きになった。

12523055_1115153038509575_514108965


12553017_1115153068509572_223787100


| | コメント (0)

ターリー皿

アーメダバードの店で見た小ぶりの真鍮製ターリー皿は
打ち出しで作られていて重く、値段も高かった。
"夜の部" で使いたかった。
宿のフロントマンにその手の物が集まっていそうなマーケットを教えて貰いリキシャーで向かった。

途中運転手は車を止め、路上の店で昼のカレーとチャパティーを買って戻って来た。
皆んな自分の懐に見合った処を知っている。
初めて踏み入れるマーケットに着いた。
テンションが上がる。
目当てのモノはすぐに見つけることができた。
但し機械で作られた軽いものだ。
暫く辺りを彷徨う。
いい一日だ。

12507560_1114569725234573_655440172


1462969_1114569831901229_6613799337


12509184_1114569905234555_227486284


12573910_1114569978567881_200778962


12495032_1114570038567875_237573781


| | コメント (0)

残念な焼き物

焼き物を仕入れに。
それぞれの工程を見せてもらった。

いかにもマトモそうだ。
店に並んだ完成品を選ぶ。
日本で言えば、B級品も傷モノも同じ所に完成品として売られている。
なめんなよ。
ワールド スタンダードって言葉知らんだろうなぁ?
日本人は買えません。おたくじゃ。
上に立つ野郎が阿保だからこうなっちまう。
職人の腕が活かされてない

12507153_1114135371944675_161258372


12512530_1114135388611340_294725694


12507606_1114135428611336_103757365


| | コメント (0)

美味いぜラッシー!

インドでラッシーを飲むのは何年ぶりだろうか。
この町にはラッシー屋が多い。
つい飲んでみたくなった。
素焼きの容器にもそそられたからだ。
濃厚さ、甘さ加減、そして最後にのせられるヨーグルト片。
抜群の美味さ。
甘く見ていたぜ、ラッシー。
日本でこんなラッシーを飲ませる店があったら流行るだろうな。
ただ素焼きの容器は今では型で作られていた。

1917903_1113441072014105_7988102141


1936473_1113441098680769_7478781363


10313473_1113441135347432_807329685


| | コメント (0)

インドの夜行バス

今回南インドから入って北上し、
何度夜行バスに揺られたことだろう。
これが最後の長距離移動になる。
これで2600km。想像できない。


12552573_1112898062068406_454163853


12549004_1112898108735068_472081827


1235278_1112898158735063_4720017361


| | コメント (0)

インドの大切な家族

今回もバイク屋の親父の家族にはお世話になった。
娘達から酒に合う料理を教えてもらったり、親戚の結婚パーティーに連れて行ってもらったり。
ほんの短い間だったけど、楽しかった。
次いつ会えるかわからないけど、
この土地であなた達に出会えたことに
感謝します。

10338872_1112277228797156_320523501


12417608_1112278052130407_884765825


734862_1112278395463706_19986354428


12541133_1112279085463637_767653235


12400958_1112279438796935_2544541_2


6854_1112280018796877_4604822678735


12523901_1112280605463485_165608604


| | コメント (0)

物探しの途中

この町には何軒か古い民族衣装などを扱う店がある。
その中で何時も他より高く言う店の親父が、
家にはもっとストックがあるから見に来いという。
町外れの親父の家へ行き、
数あるストックの中の物を停電の薄暗い部屋の中で見たが、やはり値段は高い。
炎天下無駄足だったが、良いこともあった。
親父の向かいの家の娘が今回のインドの旅で出会ったNo.1だったからだ。
この娘をはじめ近所の子供達も皆ひと懐っこい。
今度はランチタイムにおいでと言われたが、その機会は得られなかった。

12472252_1110956262262586_776458183


10307426_1110956285595917_397166533


12509284_1110956328929246_627269964


| | コメント (0)

ターリー屋

最近の昼飯は近所のターリー屋に行く。
表は男達の姿しかない。

12510269_1109792765712269_746124043


12507219_1109792809045598_366967269

店の親父がカレーを注ぎ分けてるので聞いてみた。
"このカレーはあんたが作ってるの?"
"いや、女たちが向こうで作っている。"

10401933_1109792859045593_175369176

裏に回ってみた。
"三婆ーズ"が今はチャパティーを焼いていた。

1341_1109792882378924_7929660356125


10583920_1109792925712253_342610624


941032_1109792952378917_40730414214

この店のカレーは毎日替わる。

| | コメント (0)

チャイキャリー

前からチャイ屋が出前で使う
チャイキャリーが欲しくて随分探した。
売ってあるものは線が細くちゃちな物ばかりだった。
友人に鍛冶屋を教えて貰い、
チャイ屋から実際に出前で使っている
チャイキャリーを借りて作ってもらった。
両端には水を入れたポットと皿が乗る。
理想の物が手に入った瞬間。
鍛冶屋の親父もイカシテル。

10313779_1108595919165287_239419117


10649481_1108595962498616_795237931


10649476_1108595979165281_458795521


| | コメント (0)

より以前の記事一覧