« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

インドファーストフード

昼は路上で腹を満たす、普通のインド人と同じように。
ジャガイモを刻んだ上に、チャナ豆のカレーをかけコリアンダーの葉とライムをかけたもの。
玉ねぎ、トマトをチリ&マサラで炒め
玉子でとじてパンを添えたもの。

945486_1106267116064834_77435634731


10505501_1106267136064832_901962481


1362_1106267159398163_9017428505519


10172728_1106267202731492_123144841


| | コメント (2)

移動列車

南から徐々に北上しています。
夜行列車で16時間、夜行寝台バスで12時間。
インドは広い‼

1918129_1105656022792610_8405806818


10411353_1105656046125941_226117369


10277557_1105656099459269_859862899


184528_1105656256125920_47280886241


| | コメント (0)

インド料理教室

料理教室に行ってみた。

1日目は魚のカレーとチャパティー。
2日目はベジシチュー、ココナッツチャッタニー、キャベツのココナッツ炒め。

味はズバ抜けて美味いわけではない。
大した参考にもならなかった。
ただ人は良かった。
そういう事ってあるよね。
体験料にしては高すぎた!

10348540_1105027012855511_552394513


2038_1105027092855503_8596559608775


1507068_1105027166188829_8821269171


487467_1105027222855490_41323848537

| | コメント (0)

クリスマス☆

クリスマス♪
私のもとにもたくさんのサンタさんが
美味しい物を運んで来てくれました〜!😄

皆さん本当にありがとうございました💕私は幸せ者です✨

1477782_1102504389774440_8623292123


12376105_1102504396441106_462076406

そして、民族衣装倉庫&作業場の改装も登り段の所が木の枠で素敵になったり♪
壁の汚さも隠れてきたり♪と見に行く度に嬉しい驚きがあるのでした。

10363334_1102504426441103_497935520


10556305_1102504443107768_522187409

さぁー!店の営業も後2日です!
みなさまのお越しをお待ちしています😄

| | コメント (0)

民族部屋改装中!

きらきら⭐熊本居残り班は今日も元気に店を開店しています!
店の営業は27日までですので是非今年最後のお買い物に来て下さい!

そして只今!!!
民族衣装の倉庫と私の作業場を兼ねた部屋を改装工事中です!

12373242_1101797856511760_483955635

工事を進めてくれているのはお客さんで仲良くなった鈴木君が大工さんだと聞きお願いしています。
(鈴木君は一人でコツコツお家を建てる人なんです!)

12391055_1101797896511756_507549070


10373740_1101797913178421_833513877

ボロボロだった場所が日々生まれ変わっています!
めちゃ楽しみ〜♪♪♪

10304708_1101797946511751_195099667

これからペンキ塗りなどあります、
お手伝い出来る方はよろしくお願いします!

| | コメント (0)

Meals!Meals!Meals!

1928843_1101337049891174_5554893520


1009875_1101337063224506_4671130406


10520428_1101337163224496_616984645


| | コメント (0)

インド魚市場

魚市場を見るのが好きだ。

どんな種類の魚が獲れるのか興味深い。


1935493_1100997063258506_4404581306


10363099_1100997083258504_423923160

氷が沢山確保できない此処では、
米ヌカ?木の粉?を魚に塗して保存していた。

10547401_1100997109925168_374662497


66870_1100997136591832_420754523637


| | コメント (0)

庶民の足である乗り合いボートに乗って、
湖の船着場から船着場へ終点まで乗ってみた。


10632670_1100299869994892_281892715

気楽に乗ったつもりが、1時間半もかかってしまった

980_1100299903328222_20922365316578

ケララはどこへ行っても椰子の木が濃密だ。そしてその光景が好きだ。

1458656_1100299923328220_8205639245

普通に使われているチャイニーズフィッシングネットも見れた

12376588_1100299939994885_1107067_2

帰りの船の出発まで1時間半もあるという。
船を降りた人の後について行く。
運良く町帰りまで行くバスに乗れることになった。
ちょっとした冒険旅行をした気分だ。

1935660_1100299959994883_7418889957


| | コメント (0)

インドとお酒

"インドとお酒 "

夕闇が近くなる頃、酒屋の前に突如男たちの長蛇の列ができる。
その数は駅のチケット売り場の行列を遥かに超える。
買うことはできてもこの町ではその場で飲むことは許されなかった。
冷えたビールを部屋に持ち帰り、サモサをつまみに飲む。
だが飲み終えた瓶は部屋に置いておくわけにはいかない。
ホテルで酒は許されないから、外に捨てるしかない。
昨夜はそんな手間が面倒になって、
"Beer & Wine"の看板を掲げる店に入ってみた。
そこには外の喧騒とは違う、男だけの世界が広がっていた。
それはモロッコの酒場にも似ている。
女性では決して垣間見れない世界。
割高だけどマサラ味に炒めた豆のつまみも付く。
ここもまたインドなんだな。

1915786_1099642816727264_8139758886


12392013_1099642863393926_613572767


1005553_1099642886727257_5469244823


12366201_1099642906727255_415228785


| | コメント (0)

インド トリヴァンドラム

トリヴァンドラムの市場をひたすら歩く。
数あるバナナの中でも一番甘いのは?
と聞くと、皆モンキーバナナを薦める。


12376291_1098428603515352_296564865


12369257_1098428626848683_9294029_3

試しに見るからに美味しそうな大きなものをたべる。
食感、味共に想像を裏切るものだった。

1170742_1098428646848681_6313841564

店先に吊るされた針金の果物入れが気になって、旧市街に向かった。
持って帰りたいけど、この街から荷物を送るわけではない。

12348056_1098428670182012_549475571

12373267_1098428696848676_305870004

諦めてネットでできたものを買う。
日本に帰ったら、玉葱やニンニクでも入れて、台所に吊るそう。

| | コメント (0)

南インドより

無事、南インドのトリヴァンドラムに到着しました。
久しぶりの印象は、バリ島の雨期に似た気候とココナッツの匂い。暑い!!

12342438_1097819123576300_346901200

南インドはキリスト教徒が多く、扇風機の付いいたシンプルな教会内では、
静かに祈りを捧げる人たちの姿が。

12345482_1097819143576298_295658985

市場でもクリスマス用の飾りが売られていました。


12391810_1097819196909626_579123513


12345538_1097819220242957_871683167

インド到着早々旅の様子を伝えられるのも、
親切な宿の人たちと仕事のできる彼のおかげです。
インドではこの2つの出会いはとても重要です。

12346493_1097819233576289_605265134


12346404_1097819256909620_651175617


| | コメント (0)

インド到着!

久々のAir India.
気前よくジントニックを振る舞ってもらう。
だがカレーはやっぱり苦手かも。


1390559_1097388656952680_3948157990


12375986_1097388683619344_494496939

ナマステのボードに迎えられ、
ムンバイ到着。

1019_1097388703619342_2816395449548

荷物が出て来ないという、
今回のインドの初洗礼を受ける。

12391080_1097388723619340_249943918

空港は新しくなって、一見サグラダファミリアの様。


12347871_1097388753619337_746848090

12時間のトランジット、タフじゃないと旅はできない。
眠い。

| | コメント (0)

バンコク 3

バンコク最後の日。
夜のインド行きフライトまで、何年かぶりにヤワラーへ。

12391064_1096665607024985_290729152

今までいた世界とは別のバンコクの風景が観れる。
路地もリスボンの下町に見えなくもない。

12346571_1096665643691648_358894170


12249598_1096665683691644_626613386

インド用非常食も買い込んだし、行ってきまーす!

12360334_1096665703691642_765293084


| | コメント (0)

バンコクごはん

インド出発前に、味の勉強を兼ねて
ちょっと豪華なタイ料理店へ。

12366398_1096159340408945_751129452

12243519_1096159360408943_491414268

悩んだ末に頼んだものは、
*ヤム ソムオー(ザボンのサラダ)


12373311_1096159373742275_413306805

*コームートート(豚の首の肉を揚げたもの)


12345572_1096159403742272_532487425


*カオクルックカピ(カピ飯の混ぜ御飯)

12241281_1096159427075603_869338180

どれも見栄え良く、安定した味わい。
何より驚いたのは、常に満席状態なのに料理が出てくるのが速い。
一人だと3皿しか選べないのが残念。

| | コメント (0)

バンコク 古物

ほっとできる、" 古物 " の世界へ。

12342454_1095652820459597_516143299


12341222_1095652843792928_147643095

12342457_1095652870459592_529478779


12346478_1095652890459590_604418791


| | コメント (0)

バンコク 2

昨日は"BIKE FOR DAD"の日。
タイ国王の息子や娘が自転車に乗って市内を回る。(何の為かはわからず)
と言う事で、普段は渋滞の目ぬき通りも、デモ以来の閉鎖。
市民もお揃いのTシャツを着て、皇族達が通るのを待ち構えています。
その後は一般市民が自転車に乗って走って行く。
お祭り騒ぎが好きなタイ人にとっては、楽しいイベントの日になったんじゃないかな。
気が付けば手元には、タダで配られているペットボトルの水が4本も溜まってしまった。

12345448_1095111967180349_749083014


12274499_1095112027180343_933408045


12373308_1095112047180341_276382649


| | コメント (0)

バンコクごはん

トンローにある"Saigon Recipe"で一人ランチ。

揚げ春巻きとバーベキューポークがのったライスヌードル(ブンチャー)と歯ごたえの良いサラダ。
そして、レモングラスドリンク。本格的なベトナム料理。
熊本でもこんな料理が普通に食べれたらなぁ。


12227033_1094563243901888_496038030


12345589_1094563290568550_815358387


12347657_1094563323901880_287799164


12342300_1094563213901891_756355837


| | コメント (0)

バンコクにて 1

バンコク初日の朝。

いつもは腐らないセブンイレブンのパンを買うのだけど、
昨夜は早く到着したので伊勢丹へ。
プレーンチャバタ、黒胡麻と醤油のパン、そしてハニーデニッシュ。
皿がないのが残念!

12341332_1093909363967276_656574876


| | コメント (0)

もっちー出発!

本日、仕入れ先発隊もっちーがタイへと出発しました!

これからしばしバンコクに滞在してインド、中国へと向かいます。
先発隊の仕入れ旅日記をどうぞ楽しみにして下さいね!

12342733_1093479564010256_846633275

また、後で出発のわたくしが12月最後の日曜日27日まで
店を営業していますのでどうぞ温かいチャイやら冬物のショールなど見に来て下さい!
(写真の猫のようにお待ちしています😄)

12313607_1093479587343587_422352113


| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »