« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

手から機械へ変わってゆく

山岳民族モン族の衣装の事

何度も書いていますがここ数年で
手から機械へと大きく変わりつつあります

Image

元々は手紡ぎ手織りの布にろうけつ染めで模様を描き藍染して
パッチワークや刺繍で柄を付けていた手の込んだ衣装でしたが
今、市場にはナイロンにプリントされている布が出て来ました


Image_2

刺繍の部分も機械刺繍のテープが売られています

Image_3

モン族の若い人達は
刺繍に手を掛ける時間も技術も無くなっているようです

Image_7


Image_4

これにいたっては全部プリント
ん。。。。ここまで来たか!という悲しい感じです

これは、今まで集めてきた古布をいっそう大事にしょうと思いました。

でも、そう言えば日本の浴衣もプリントされた生地で
帯も結んであるものをはめるだけになっていますね

味気ないけど似たようなものでしょうかね。。。

Image_8


今日のタイゴハン
難易度レベル5!でした(汗)

| | コメント (2)

本日の仕事が終わり外へ出てみると空にはウロコ雲

夕焼け前の美しい光景でした

Image

さて、今日は幾つかの服のサイズ確認の日
気になっていた着丈や首回りなどを確かめました

それから染める色を決めるわけですが
きらきらの服にが使ってもらっている染料は
色落ちしにくいメーカーの物で色のバリエーションが少なく
どの色とどの色をどれ位合わせるかいつも頭を悩ませます。。。

Image_2

ついつい、自分が好きな色そして好きな着丈に片寄ってしまいます
(いわゆる衣里丈 多し)
なので背の小さいお客様大歓迎のきらきらです


Image_3

今日のタイゴハン
いつもの普通の店でいつもの麺

ここ数日旅行に来ていた知人達と食事をする機会が多く
ゆっくりと話ながら食事が出来る店を選んで行ってましたが
いつもの店の方が少々狭くても料理も早く美味しかったりするかも。。。

次はこんな普通の店も案内しょう

| | コメント (2)

黒い邪魔者

今日も天気の良いチェンマイです

Image


去年、出発前にあるお客様から
「熊本の母子手帳は他県の物より大きくて
なかなか気に入ったカバーが見つからないんですよ」
と、いうお話を伺いました

なので、これも明るい派手な柄で作って見ようと思います

Image_2

裁断を始めると邪魔者が。。。笑

Image_3

ミシンに向かうと邪魔者が。。。笑

憎めない邪魔者と作業中です

このカバーは母子手帳だけではなく
本や小物入れ、またiPadミニにも丁度良い大きさなので
店に並んだ時は是非ご覧下さいね!

Image_4


今日のタイゴハン
添えられた具材をゴハンと混ぜ合わせると
絶妙な酸味、辛味、甘味、そしてちょっとクセがある一皿です

| | コメント (3)

今日も試作中

Image_4


明るい空の下に居るおかげで
思考も明るくなるのか

今年もド派手な柄であれこれ作っています

Image_2

定番のバックも少しカタチを改良して使いやすく作りました
他にもいつくか試作中です

時々、こっちではイケル!と思って作った物が
帰って見るとあまりの派手さに
あらら、、、誰が着る?と、なる事があるのですが
そうならない事を願います!


Image_3

写真はチェンマイ名物のカオソーイ
(ココナッツカレー味の平麺をつかったラーメン)

Image_5

いくつか有名店がありますが
私達はこのローカル店が気に入っています

| | コメント (0)

ヌッありがとう

ヌッの家にいるあいだ本当に良くしてもらいました

Image_2

この日の朝ごはんは
豚の肋骨でスープを取り
チャーシューもたっぷり乗せたタイのラーメンです

Image_3

テーブルには「エリの背が伸びるように!」と牛乳も用意されました
もう伸びないと思うけど。。。ありがとう!

それからタイとラオスの国境線になる
メコン川とムーン川が交差する所までドライブ

ヌッは車なんて持ってないので当然のように
近所のおじさんがかりだされてきます

Image

向こうに見えるのはラオス
他にもお寺、公園、ダム湖と名所を廻り

お決まりの
タイ人が大好きなおふざけ写真も撮って思い出作り

Image_5

モッチーまでやらせれてます。。。
ヌッが喜んでくれたらそれで良いんです!笑

ああ。。。
楽しい時間は過ぎるのが早いものです
名残惜しいけど行かなければ

Image_3

私達は再び夜行バス乗り
チェンマイへと向かいました
(ちなみにチェンマイまで15時間

Image_4

また、ヌッに会うためだけにこの街に行くぞー!


| | コメント (0)

イサーン

ラオスの帰りにはバスで8時間下り

タイの東北地方のウボンラチャターニという街へ

この街に住むヌッに会いに行ったのです

Image_2

ヌッとは私達が初めてタイに来た時からの付き合いで
いつも温かく向かえてくれるタイのお母さん的存在です!

Image_6

家に泊めてもらって

Image_4

一緒にごはん食べて

Image_5

一緒に市場に買い物に行くとあっちでもこっちでおしゃべり

食べ物いっぱい買い過ぎるし。。
話しが止まらないし。。
すぐどっか行っちゃうし。。。笑

ヌッと過ごす時間は100%タイ的な
笑いの絶えない大切な時間です


Image_7


Image_8


この日も夜のタイ式バーベキュー(ムーカタ)の買い出し

買うのはいつもキロ単位と豪快!

Image_12

でも、やっぱり買い過ぎ

食べきれないよ。。。

続く

| | コメント (0)

バスと行列

年明けから夜行バスに乗り込みラオスへ行ってきました

Image


タイの国境近くの街まで夜行バスで11時間


Image_2


そこから国際バスに乗り換え2時間

バスのチケット売り場で並び

タイ出国審査の長い列に並んで

ラオス入国審査の長い列に並んで

バスでメコン川を渡りやっとラオスへ


Image_7

そこからまたタイの領事館でも長い列に並び
次の日も受け取りで炎天下並んで。。。

並んで並んで。。。

Image_9


なんだかバスに乗ってるか
列に並んでいる

疲れたー。。。

Image_5

タラート(市場)も探索して

Image_6

やっと食べたバインミーとビール

ビールはもちろんビアラオで
お疲れ様ー!


| | コメント (4)

新年明けましておめでとうございます

Image_7


今年もこの旅で誰かの心に止まるような少し変わった物や
楽しい物、民藝の良さを感じてもらえる物を作り
見つけていきたいと思います

Image_2


そして、夜の部Warungきらきらの新しい味も
たくさん覚えて帰るよう頑張ります


笑がたえないそんな一年になりますように!

今年もどうぞよろしくお願いします

亜細亜民藝きらきら

2013.1.1 元旦

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »