« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

3日に向けて準備!準備!

31、1、2日。。。

わぁー☆ 大変!
4月3日まで、あと3日しかないんだよ。。。!

「この服はもう出した方がいいかな?」

「いや!まだ寒いし」

「このスカーフはココでいいのかな?」

「ココじぁ、いまいちかなぁ。。。」

自問自答。。。
あっちにやったり、こっちにやったり(汗)

無駄な動きの多いE

P1030435

そんなEとは裏腹に
きっちりとやるべき事をすすめるもっちー

朝もはよから山に青竹を切りに行き
例のあれの準備中です あれです。

同じ0型なのにこの違い アハハ。。。
(笑ってる場合じゃありませんが)

P1030436

さて、待ってた残りの荷物も今日1個届き

あと2個、早く来いー!


| | コメント (3)

只今準備中!

タイ、インドから送った荷物が次々届き
足の踏み場もないようなきらきら☆です。。。

今年は余裕をもって準備しょうと
いつもより早く帰って来たのになぁ。。。
やっぱりこの有様とは。。。トホホ
(これじゃ行きたい所にも行けない::)

あと残りの3箱の荷物が到着すれば
なんとか落ち着きそうなんですが
今頃、どこにいるのでしょうか?

P1030160

4月3日のオープンに向けて
準備中です!

今しばらくおまちくださいませ☆
 

| | コメント (0)

地震とTsunami  そして、

旅の終わりに起こった今回の大災害は、
自分たちの心の中にも何か重く暗い影をおとしています。

数日前まで居たチェンマイの町でも、タイ人のミュージシャン達による、
”Melodies for the Japanese”という被災者支援コンサートが行われたそうです。
その中で北タイの歌姫スンタリーさんは、
「日本はタイにさまざまな支援をしてくれている。
そして日本は今まで多くの困難も乗り越えてきた国。
そんな日本の人たちは私たちタイ人にとって身近で、大事な友人のような存在。
だから日本の人たちを応援したいと思ってかけつけました。
厳しい状況にあると思うけれど、被災地の人たちは
自分は孤独ではない”ということを忘れないでほしい。
日本の人たちは、立ち上がっていくと信じています」
と、語っていたそうです。

P1030254

この大災害で亡くなられた、あまりにも多くの方達のご冥福を、

行方不明になっているひとたちの安否の確認が、一刻も早くできますように、

避難されている人たちが、安心して生活出来る環境が速やかに整いますように、

願っています。

熊本に戻って来た私たちは、目の前のやるべきことを一つずつこなしながら、
自分たちに出来る事を、今考えています。

このタイミングでの帰国となりましたが

みんな、ただいま。

 

| | コメント (11)

地震とTsunami 2

3月12日 成田空港。一部のガラスが割れ床に散乱し、天井から水が漏れている。
昨日の地震の凄さが伺われる。
ターミナル内の床には寝袋が敷かれ、昨日足止めを食った乗客の姿が。
自分たちも一歩の差で、こうしていた可能性大。

都内へのアクセスは、普通電車のみがかろうじて途中折り返し運転で動いていた。
海外からの取材クルーが、満員電車の中多数の機材を詰め込む。
普段と違う状況で、何となく苛立っている乗客たち。

都内の実家と、神奈川、そして静岡へ。

二車線道路の歩道側が渋滞。その列はガソリンスタンドから延々と続いている。
高速道路のサービスエリア内のスタンドでも、かつて見たことのない光景。

四国から被災地に向かう自衛隊員の姿。

静岡で震度5の地震に遭い、一瞬緊張が走る。

計画停電も体験した。
インド、ネパール、バリなどでは頻繁に停電があるので、さほどの不便さは感じない。
しかし、すべてが電化されている家の中では、お湯ひとつ沸かせない。

スーパーやホームセンターからは、懐中電灯、単一電池、インスタントラーメン、パンなどが消えた。
まさに、ニュースで見る通りの事態。

そして、数ヶ月ぶりの熊本に。

このわずか数日の間に体験したことが、遠い世界の事のように思える。

| | コメント (6)

地震とTsunami 1

3月11日 台北空港でトランジット後、成田行きの便へ。
機内に乗り込みしばらくして、地震のため成田空港閉鎖中とのアナウンス。
その後フライトキャンセルされ、再び空港ターミナルに戻る。
そこで待ち構えていた、台湾の記者たち。何事だろうか?

P1030414

自然災害のためのフライトキャンセル。今夜はターミナル内で寝る事になるのでは?
幸いにも中華航空の配慮で、空港横のホテルに泊まれることになる。
その部屋のテレビで見た災害現場の様子は、自分たちの想像を遥かに超えたものだった。

阪神大震災の時はバリに居て、短波ラジオからの情報のみが頼りだった。
スマトラ沖大地震の時もタイに居て、プーケット等を襲った津波の映像にショックを受けた。

いつ成田に飛べるのか全く分からない状況の中、深夜、翌早朝のフライトの知らせが入る。

| | コメント (1)

暑期はじまる

3月に入りグングン暑さが増しているタイです
日中は痛いくらいの日差しでまいっています

人も猫もぐったり。。。

P1030357

暑いのは大変ですがマンゴーなどの果物が
食べ頃のいい季節でもあります

P1030381

シェークにしたり
ココナッツで炊いた甘いもち米と食べたり
どれも美味しそう。。。

P1030382

でも。。。
私は食べられません。。。(涙)

それは、前によくばっていくつもマンゴー食べていたら
急に胃が痛くなり (どんだけ食べたんじゃ。。。)
その後からマンゴーを受け付けなくなったのです

何につけ食べすぎはいけませんね!

P1030385

そう言いつつ
今凝っているのがこのお兄さんの店のバーミートムヤム
(トムヤムスープのラーメン)

P1030386

美味しくて!
今日も食べてしまいました

大丈夫かなぁ。。。

| | コメント (0)

お花と葉っぱ

日々あれこれ仕入れているので
どんどん荷物が増えているタイの部屋

こうやって見るとずいぶんカラフルですね(笑)

この日はタイの人がお供えに使う花を
鏡の前に吊るしているので
一段と賑やかな(華やか?)部屋になっています

P1030282

さっそく仕入れたホーローのお皿を活用
こんな風に使ってもらえたらいいな

P1030265_2

P1030267_2

このお花はとても香りがよく大好きなお花です

P1030229

そしてこれは
「蓮の葉を押し花のようにしてみよう!」と思い立ち
葉っぱだけを50枚購入して乾かしているところです

さて?上手くいったのか。。。
それは帰ってからお聞きください。。。

P1030346

お昼ごはんの焼き飯
なじみの店で注文すると、容赦なく辛い物が出てきます

赤いのも緑のも唐辛子なんですけど。。。

あのー。私たち日本人なんですけど。。。



| | コメント (3)

一休み

インド滞在中 ブログを更新出来なかったので
タイに帰ってせっせと書いていた「インドの日々」

P1030140

まだまだこれから次の街へと向かうのですが
その話は一休みして

残り少なくなってきたタイの日々を書こうと思います。

タイに帰ってきて友人から教えてもらった
藍染、草木染をしている工房を訪ねました

P1030285

くねくね山道を3時間走り。。。(辛かった::)
やっと工房に到着

P1030290

染めの工程を見せていただいたり
染めのお話を色々聞かせてもらいました

P1030287

今回は見学で終わりましたが
また、ここで出来る事を温めてみたいと思いました

P1030339

さて、こちら市場のタイご飯です↑
やっぱりカレーより魅力的☆

P1030347

そして、あのブロックプリント達   
服や小さなバックなどに出来上がっています 

いいねっ!!!    

| | コメント (3)

インドの日々 6

いよいよ次の街へ移動する前に
ここで仕入れた、愛しい物達を送る準備をしています

P1020944

まずは一箱が20㌔になるように荷物を振り分けます

P1030009

箱に入れたら周りを白い布で包み
日本までほどける事無く、無事に届くように
しっかりと布を縫っていきます

P1030005

そして、その縫い目が途中で開けられたりする事がないように
ワックスで止めて荷作りの完成です

P1030013

郵便局へ運び、
長い手続きを済ませて送りは完了!

こんな感じでインドの荷物はきらきら☆に届いています

今頃は熊本の家族が受け取ってくれているはずです
(いつも本当にありがとうね☆)

P1020840

ここで手にしたインドのブロックプリント
私の大好きな布なのですが
このところすっかり減ってしまいました。。。

聞けば今は、作るのが簡単で安い機械プリント物が人気で
手間のかかるブロックプリントは少なくなっているそうです

私達も何度が染めの作業場を見に行きましたが
20cm四方のブロックを色の数だけ布に押していくのは
本当に大変な作業です

なんだか自分達が好きな物は
どこへ行っても少数派になっているような気がします。。。

好きな人が少数派でもいい!
少しだけタイに持ち帰り大切に使っています 
これも楽しみにしていてくださいね☆

                               続く


| | コメント (3)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »