« お知らせ | トップページ | タイなのです »

この一ヶ月の出来事

皆さん、大変ご無沙汰しました

約一ヶ月ぶりの日記になります
今日はこの一ヶ月の間の出来事をお話しておこうと思います。

一月の終わりにもっちーの実家から
お義母さんの体調が悪くなったとの連絡があり
私達は仕事や荷物もそのままに急いで東京へと帰りました

お義母さんは昨年から体調を崩していましたが
この冬は元気を取り戻し お家で過ごしていたので
突然の知らせに私達はとても驚きました

病院へ行ってみるとお義母さんは意識ははっきりしているものの 食べ物がうまく飲み込めないため点滴と酸素を付けていて いつもの元気な笑顔はありませんでした

私は病院の許可を頂き病室に付き添う事を許されましたが 病院での夜は重苦しくとても長い長い夜でした。

 
病院で10日目、お義母さんと家族の希望が叶い お義母さんは家へ戻り在宅看護が出来るようになりみんなうれしい気持ちでいっぱいでした


家に帰ると、少しづつですが元気を取り戻して
好きな黒蜜やあんこを凍らせてしっかりと口に入れるようになりました


親戚の方、お義母さんの兄弟がお見舞いに来てくださったり もっちーの弟さん家族も毎晩子供達を連れて 元気な孫の声をお母さんに聞かせてくれていました


そのお陰でお義母さんの回復ぶりには先生や看護師のみなさんも驚き こういうのを「お家マジックって言うんですよ」と 教えられました。

このまま回復に向かうとだれもが願っていました

しかし、悲しいことにまた体調が悪い時間が増えてゆき
家に帰って17日目
お義母さんは静かに天国へと旅立って逝きました



この間、家族はもちろん お義母さんの兄弟 親戚 お友達や、在宅の先生、夜中に何度も駆けつけてくてた看護師の方など、人は本当に最後の最後まで人に支えられて生きているんだと感じました

温かくってだれにでも優しい太陽のような大きな存在のお義母さんでした
どこか行くこと 見ること 食べること 人と話すこと 何にでも興味を持ち楽しむことが出来るお義母さんでした

私達は沢山の、ほんとうに沢山のお花と
言葉では言い尽くせない程の感謝の気持ちを込めてお義母さんを見送りました

今はまだ ぽっかりと心に空いた穴が大きすぎて
どうしょうもない時間を過ごしていますが
私が元気がない時、お義母さんは「泣いても一日、笑っても一日、どうせ同じ一日なら笑って過ごしなさい」と、言ってくれた言葉を思い出しています

長い話になって申し分けありません

こういう話を日記に書くべきか悩みましたが
お義母さんの言葉を思い出しながら 
4月にはまた笑顔でみんなに会えるように
話しておこうと思いました。

そしてまた、これからも私達はお義母さんも大好きだった亜細亜民芸屋を歩いて行きます

|

« お知らせ | トップページ | タイなのです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お母さんは天命を全うされたんですね。
日記を読みながら思いました。
介護も大変だったことと思います。
がんばりましたね♪
あとは、お母さんの言われてたとおり、どうせなら毎日を笑って過ごしましょう♪
この日記のおかげで、私も改めて毎日を楽しく過ごそうと思えて感謝しています。

投稿: うらん | 2009.03.01 22:37

だぁは、そんな事ないよ!と言ったけどもしかすると、東京に居るのかもねと話していました。
言葉もないです。
けど鴻がお腹に居る時、近しい人を2人亡くして、その時命は繋がってると思いました。
今回もやはり思うなぁ。

もっちーは大丈夫?

投稿: toki | 2009.03.01 23:02

私の祖父も最後まで家で過ごし、家族に見守られての
さようならでした。
お義母さん、おうちで過ごせてよかったですね。
家族の皆さんにとって大事な時間だったと思います。

うちの次男君、1月25日に元気に生まれました。
人は最初から最後まで、たくさんのまわりの人に支えられている、と思います。

投稿: 冴 | 2009.03.02 10:29

そうだったんですね・・。
でも最後おうちでみんなに囲まれて・・本当幸せなだったのではないかなと、思います。
えりさん、もっちぃさん元気だしてくださいね。。

投稿: まみ | 2009.03.02 18:11

お悔やみ申し上げます。

こりゃ多分東京だなあと思ってたとこでした。
ご家族みんなに囲まれて、心穏やかに旅立たれたものと思います。
ご冥福をお祈りします。

投稿: chiharu | 2009.03.02 22:31

えりさん、もっちー、旅の最中での哀しい出来事で
とっても辛かったね。でも、最期に間に合って本当によかった。
お義母さんはお家でたくさんのご家族に見守られて、
きっと幸せだったと思うよ。
ふたりがどこにいようと、これからもお義母さんはずっと
ふたりの傍にいると思うよ。

笑顔でいい旅をしてきてください。
笑って会えるのを楽しみにしています。

投稿: Mihoko | 2009.03.03 03:13

大変な日々を過されていたんですね。

お義母さまを見送られた時の「たくさんのお花と感謝の気持ちを込めて」という表現に、別れの寂しさ以上に、温かい愛情に包まれた穏やかな最後の場面が浮かんできました。

そんな優しい思いで見送られたお義母さまは、疲れた体がはずれて、ゆっくりされていることでしょう。

もっちーさんも、えりさんも、お疲れ様でした。
ゆっくりマイペースを取り戻されていってくださいね。

投稿: おみちん | 2009.03.04 21:49

“死”というものが、まだ自分にとって真に近いものに感じられなくて、こんな時、どんな言葉がいいのかなって本当は分からないのです。

愛する人達に見守られての最後・・・
お義母さんはきっと幸せだったって、この日記を読んだ人は誰もがそう感じるんじゃないかって思うのだけど、
それでも衣里さんやもっちーさんが本当に、心の底からそんな風に思えるのはもう少し先になるんじゃないかなって気がして。
一日でも長くそばにって願うものだと思うから。

でも自分の大切な人との別れ、そして自分自身の死って考えた時、一番望むことは、やっぱり愛する人達みんなで見送ること、そして見送られること、だと思うから、、

やっぱりお義母さん、お幸せだったと思います。


お義母さんが残してくださった言葉は私の心にも響きました。
今の幸せをかみしめて、感謝して、一日一日を大切に“笑って”過ごしたいです。

衣里さん、日記に書いてくださってありがとうございました。

もっちーさん、衣里さん、少しずつ少しずつ、ね。

投稿: momo | 2009.03.06 01:04

☆うらんさん・tokiちゃん・冴ちゃん・まみちゃん
mihokoさん・chiharuさん・おみちん・momoちゃん
そして読んでくださった皆さんへ

温かい言葉、本当にありがとうございます

昨年から看病のため 私かもっちーが店に不在の時が多く事情を知っている方もいた思います
みんなが心配して母の回復を願ってくれていた事を
心から感謝しています

人はそれぞれ色んな事をかかえて生きていて
辛かったり苦しかったりする事があると思いますが
そんな時、私もみんなのように人のことを思い
声が掛けられる人でありたいと思いました。

文字にしなくても伝わった思いもたくさんあります

みんながくれた思いは大切な大切な宝物です
ずっと忘れずに大切にします

みんなと出会えて本当に良かったです

ありがとう!

読み返すたびにうれしさで一杯です

何度でも言いたい

ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう!

本当にありがとうございました!

 


投稿: 衣里 | 2009.03.06 20:32

いまごろ記事にきがつきました。
もっちーさん、えりさん、ほんとうに残念でしたね。
でも、みなさんの愛で見送られたことをきっとうれしく思われてるんじゃないかな。
いつでも、きっとそばで見守ってくださっていると思います。
気持ちをしっかりもって、旅を続けてください。
お帰りを待ってますよー。

投稿: 93hossy | 2009.03.16 19:46

☆hossyさん

ありがとうございます!
しばらくはクヨクヨしてたけど 今は近くで見守ってくれている事を感じます。

今年こそ早くお会いしたいですね^^

投稿: 衣里 | 2009.03.17 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お知らせ | トップページ | タイなのです »