« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

お知らせ

きらきら@兄です。
平素は、妹夫婦がお世話になり大変ありがとうございます。

もっちーとエリは既に帰国しているらしいのですが、近くにネットカフェがないので代わりににブログを書いてくれと連絡を受け書き込んでいます。


P1010765


本年は、4月12日(日曜日)12時より

亜細亜民藝きらきらを開店いたします。


どうぞよろしくお願いします。

P1010777

| | コメント (7)

たしかにね・・・

昨日、タイの友達と日本のファッション雑誌を見ていたら
「衣里、なんでメオスカートが全然載ってないの?」って 
思わぬ質問にギクリ☆です

メオスカートとは山岳民族メオ族のスカートの事で
私たちは大好きなので毎年たくさん買うし
その布を使った服や小物も作っています

P1140862

その子は日本のテレビを見ていても誰も着てないし
雑誌にも載ってないのが不思議だったようです

たしかにね・・・ 
と、なんだか大笑いしたひと時でした。

P1140767

さて、私たちはこれからバンコクへと向かいます
大都会バンコク
暑いだろうな~

P1140890_2

最後の一仕事がんばってきます!

P1140888

チェンマイで一番おいしい店の肉まんも食べたし

では!行ってきまーす。

| | コメント (6)

サバイチャイ

   サバイチャイ
 
私が好きなタイ語のひとつです

サバイ=元気  チャイ=心
心が穏やか・元気 という意味なんですが
なんともいい響きです
今日はまさにそんな一日でした

P1140738_2 

朝、兄から電話ももらい
姪っ子が目標にしていた大学に合格したそうです
やったね!本当にうれしいです!

P1140845

義妹からも
入院していた甥っ子の経過が良いと知らせをもらいました

もっちーの家族もみんな元気です

P1140840 

私達も、チェンマイで頼んでいた物がなんとか出来上り
バックなんかは思っていた以上に良かったし!
服もいい物が出来てきました!

作ってくれたみんなに感謝です☆

P1140873

部屋にため込んでいた荷物とももに
今日、熊本へと発送しました

ホッと一息です^^

P1140874

手伝ってくれた友達とイサーン料理を食べて
サバイチャイ☆

良い一日でした。

| | コメント (4)

南国の果物

今、タイは乾季です

一番暑くなる4.5月に向かって
気温もぐんぐん上りもう38度なんて日もありました
ふっ~暑いです。。。

しかし、そのおかげで色んな種類の果物が旬になっています 
マンゴーもその一つで市場にはマンゴーの山
安いです!

「だんだん安くなってそのうち誰も食べないよ!」って
笑って言われました 
羨ましいかぎりです

P1140753

これは、なんともまる子的な恥ずかしい話ですが
私は前回の旅の帰国前に
日本では高価なマンゴーしばらく食べられないと
いっぺんに3個のマンゴーを食べてしまいました 
そしたら、その夜はものすごい胃痛に苦しみ大変でした
(本当にすごーく痛かった!)

落ち着いて考えてみると
マンゴーってアクが強い果物なんです
食べ過ぎは胃がびっくりしたんでしょうね

それ以来、マンゴーは食べていません!
食べ過ぎ反省です!

P1140795

P1140796

P1140794 

アパートの周りもたくさんの果物の木

南国だねぇ~!

| | コメント (2)

ここ何日か自分の勘がにぶっている気がします

あの布はこの店になら有るはず!と、入ってみても見つからないし。。。

これは美味しそう!と、食べたものが大はずれだったり。。。

P1140736 

なんだかいつもと違うのです。

極めつけは美容室、
もうすぐ帰国なので帰るまで我慢すればいいものを 
伸びた髪が気になり、もうどうしても切りたくなって
入ったお店も選び間違えました(涙;;)

ちゃんと念のため「こんな感じ」って写真も見せたし
「少しだけ切って下さい」って言ったのに。。。
お姉さんは、まるで聞かなかったかのようにジョキジョキと切って我が道をゆく。。。

ああぁ~っ! うそだぁ~!
こんなはずじゃなかったのに。。。
これじゃぁ、まるでまる子じゃん。。。
(この場合、間違えなくちびまる子のことです)

P1140776

もっちーも「うっ、いいんじゃない」と言葉につまる様子。。。
そうでしょう、そうでしょう

まぁ、きらきら☆開店まであと1ヶ月あるので
なんとかまる子からは脱出していると思いますが

P1140791_2

この失敗を気に、色々な事をもっと慎重に考える!
そしてピ・ピっとくるはずの自分の勘を取り戻すのだ!
と、深く思うまる子でした。


| | コメント (8)

雲南市場

タイと中国はラオスをはさんでの近い国
その中で一番近い中国は雲南省です

チェンマイにも沢山の雲南の人が暮らしているので
毎週金曜日に「雲南市場」が開催されています

P1140708_3

タイの市場では見ない野菜や食材が並びます
お豆腐や納豆・こんにやく・お漬物などどこか日本と似ています

P1140712

P1140711

私たちの大好物はお餅!

P1140696

もち粉を蒸したものを炭でこんがり焼いて

P1140698

はちみつで練ったエゴマをたっぷりはさみます
これがなんとも美味しいのです!
中国の大理では白族の人の屋台で中に辛みそを付けたものをよく食べていました
きらきら☆でも出してみたい!と、いつも思う一品なんですが
なかなか実現しませんね・・・

P1140703

それから、なんとも中国的な色の屋台で食べたのは

P1140704

ひよこ豆のスープの麺

P1140707

これはひよこ豆の豆腐です

今年もっちーは中国へも行く予定だったので
せめて食べ物で行った気分になれかな・・・

| | コメント (2)

タイなのです

タイに戻ってきて、仕事も再開です

P1140678

帰る前にオーダーしていたモノが
出来ているはずだと信じて受け取りに行くと。。。

「ヤン カー」(まだです)と、笑顔で答えるタイ人。。。

「えーーっ!?なんで!?一ヶ月もあったのに!」と私。。。

なんだかそんな予感はしていたけど
4件もの店が「ヤン」とは。。。トホホ。。。(涙;)

やっぱりココはタイでした。。。。

そんな訳で今年のきらきら☆オープンは
少し遅れて4月12日か13日になりそうです

ごめんなさい!

また、ちゃんと決まったらお知らせいたしますね。

P1140683 

でも、残りの日々も新商品作りに励みます!

P1140685_2

このイサーンの布はマフラーやタイパンツを作る予定です
絶対!かわいいはずです!

待っててくださいね!

| | コメント (7)

この一ヶ月の出来事

皆さん、大変ご無沙汰しました

約一ヶ月ぶりの日記になります
今日はこの一ヶ月の間の出来事をお話しておこうと思います。

一月の終わりにもっちーの実家から
お義母さんの体調が悪くなったとの連絡があり
私達は仕事や荷物もそのままに急いで東京へと帰りました

お義母さんは昨年から体調を崩していましたが
この冬は元気を取り戻し お家で過ごしていたので
突然の知らせに私達はとても驚きました

病院へ行ってみるとお義母さんは意識ははっきりしているものの 食べ物がうまく飲み込めないため点滴と酸素を付けていて いつもの元気な笑顔はありませんでした

私は病院の許可を頂き病室に付き添う事を許されましたが 病院での夜は重苦しくとても長い長い夜でした。

 
病院で10日目、お義母さんと家族の希望が叶い お義母さんは家へ戻り在宅看護が出来るようになりみんなうれしい気持ちでいっぱいでした


家に帰ると、少しづつですが元気を取り戻して
好きな黒蜜やあんこを凍らせてしっかりと口に入れるようになりました


親戚の方、お義母さんの兄弟がお見舞いに来てくださったり もっちーの弟さん家族も毎晩子供達を連れて 元気な孫の声をお母さんに聞かせてくれていました


そのお陰でお義母さんの回復ぶりには先生や看護師のみなさんも驚き こういうのを「お家マジックって言うんですよ」と 教えられました。

このまま回復に向かうとだれもが願っていました

しかし、悲しいことにまた体調が悪い時間が増えてゆき
家に帰って17日目
お義母さんは静かに天国へと旅立って逝きました



この間、家族はもちろん お義母さんの兄弟 親戚 お友達や、在宅の先生、夜中に何度も駆けつけてくてた看護師の方など、人は本当に最後の最後まで人に支えられて生きているんだと感じました

温かくってだれにでも優しい太陽のような大きな存在のお義母さんでした
どこか行くこと 見ること 食べること 人と話すこと 何にでも興味を持ち楽しむことが出来るお義母さんでした

私達は沢山の、ほんとうに沢山のお花と
言葉では言い尽くせない程の感謝の気持ちを込めてお義母さんを見送りました

今はまだ ぽっかりと心に空いた穴が大きすぎて
どうしょうもない時間を過ごしていますが
私が元気がない時、お義母さんは「泣いても一日、笑っても一日、どうせ同じ一日なら笑って過ごしなさい」と、言ってくれた言葉を思い出しています

長い話になって申し分けありません

こういう話を日記に書くべきか悩みましたが
お義母さんの言葉を思い出しながら 
4月にはまた笑顔でみんなに会えるように
話しておこうと思いました。

そしてまた、これからも私達はお義母さんも大好きだった亜細亜民芸屋を歩いて行きます

| | コメント (11)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »