« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

クンテン

   クン = 海老
   テン = おどる

P1090381.JPG

タイのイサーンへ行った時に、食べた一品のお話です。

「クンテン」とは 捕れたての川海老にナンプラー・砂糖・唐辛子・マナオで味を付け たっぷりのミント・玉ねぎ などを混ぜていただきます。  生きた海老を料理するときにピンピン!踊るのでこの名前が付いたんですね。   新鮮な海老を使わなければいけないので なかなか食べる事が出来ない一品です。  この日はタイの家族でもある「ヌッ」↓が、もっちーのリクエストに応えて朝早くから市場に探しに行ってくれてました。  ビールが欲しくなる一皿!おいしいですよ!

P1090343.JPG

イサーンではいつもヌッの家に泊めてもらい 近所の人とおしゃべりしたり ヌッがやっている小さな食堂の様子を眺めて過ごします。

P1090368.JPG

私のリクエストはマンゴー☆
日本では食べられないので 食べまくりです! (必死の相☆)
マンゴーはこれからがシーズンで シーズンの終わりになると値段は1キロ=5バーツと信じられない値段になり だーれも食べなくなるそうです!  羨ましいかぎりです。 そういえばタイの人はまだ青い酸味があるマンゴーのほうが好きなんです。

この夜、近所の人たちと「ムーカタ」 (タイ式焼肉)です。 タイで宴会といったらコレ!定番です!

P1090352.JPG

頭にカーラー巻いたおばちゃん!
見ただけで伝わるでしょ!? 豪快な楽しいおばちゃんで大好なんです^^

次々に近所の人がやって来て 楽しい夜は続くのでした・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なつかしい場所

熊本に帰ってきてからは 届いた荷物を開けて開店準備の日々。。。 大変! 大変!!!
P1090412.JPG

もっちーもさっそく花粉症が出てきてかわいそうです。
そんな毎日 たいしておもしろい話もないので 少し戻って神奈川へ行った時の日記です。

神奈川の平塚市には もっちーのおばあちゃんが暮らしているので 里帰りの時は必ず足を伸ばします。   そして、私達も以前 横浜・小田原と住んでいたので この辺りはとてもなつかしい場所です 小田原は箱根の玄関位置でもあり 海も近いし 少し車を走らせたら湘南・鎌倉・伊豆にも近くとても暮らしやすい所でした。  平塚に来たついでに箱根へと行ってきました。
P1090395.JPG 

箱根から見た富士山 雲がかかっていましたが やっぱり富士山は大きいなぁー! 
P1090392.JPG

芦ノ湖の海賊船  この奥には箱根神社があります。 好きなとこでした・・・。

そして、小田原に「菜の花」という和菓子屋さんがあります、 住んでいた頃(15年前)はとてもおしゃれだと思っていました。      今はギャラリーやら うつわ屋・おそば屋までやってて 店もコテコテちょっとやり過ぎ!? がぁ・・・  悔しいことに やっぱりうまい★  熊本育ちで道明寺餅のさくら餅 (ピンクのおはぎみたいなの) しか食べたことなかった私にとって この長興山さくら餅はその頃 衝撃的★でした。       なつかしい味です・・・
P1090397.JPG

この小田原で 二人してめちゃがんばって貯めた資金で きらきら☆はオープンしたのでした。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

きらきら☆日記のリンクに新しく
「イクイップメント」  「茶豆日記」 が加わりました!
みなさん!どうぞ見てくださいね~☆


 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ただいまー!

きらきら☆ 熊本に帰ってまいりました!
ただいまー !です。

でも、本心は「あーあー 帰ってきちゃったぁ・・・」かな
(待っててくれた方 ゴメンナサイ・・・)  
帰るにあたって、今回ほど往生際の悪かった事はありません・・・ (私だけなんです もっちーは違うョ)

タイのイサーンから帰る夜行列車で 「寝過ごして降りるの忘れたら もっと居れるかな・・・」とか
バンコクから東京へ向かう飛行機の中でも 「間違ってチェンマイへ飛ばないかな・・・」とか
最後も 東京から熊本への飛行機も 「バンコクへ行けばいいのに・・・」 と 往生際悪く思ってしまいました・・・。
なんで?こんなにタイが好き なんだろうか・・・

そんな気持ちで帰ってきたせいか 大変なことが待ち受けていました!!!
電話が止められてる!?  ガスと水道も止められそう!!!
あちゃー? なんで??? と思っていたら  電話・高熱費などを引き落とす口座に入れておく金額を間違えてしまい 1月から引き落としが出来ずにいたみたいなんです。   お恥ずかしい話 督促状が来ていて電話においては 「契約解除手続き中」 なんて恐ろしいお知らせまで!  どれも使ってないので基本料金くらいなのに3ヶ月払わないだけで こんな大変な事になるんですね・・・   もっちーは 「たった3ヶ月くらいの事でよー! NTTは義理も人情もないのか!」 ってますが  そりゃぁーNTTに人情あつたら 経営出来ないしょ・・・・   ねっ!
さらに! 水道の元栓を開いてみると 水道管が破裂!  
水道屋さんに来てもらったけど その日の修理は無理との事・・・ この日はご飯も作れず お風呂も入れず トイレも流せずの一日でした  トホホ。。。
P1090403.JPG

そんな情けない始まりでしたが ・・・
庭には去年種をまいた「だいこんの花」が咲いていました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ラスト・・・かも?

本日5時の飛行機でタイへと出発です!

「えぇー!またタイかよー」←これはきっとMの声
そうです。 またタイなんです^^
きらきら☆は飛行機のチケットをすべてタイで購入しているので なにかとタイへ戻らなければならず タイが中心の旅になってしまいます。

そんなわけで暑かったけど楽しいかったバリもあと3時間ばかり。。。
P1090135

またまた重いリックを背負い出発だぁー☆
P1090323
送料がもったいないので めいっぱい持っていくのだ!
P1090324
私も負けてませんよ! けっこー力持ちなんすょ!
スーツケースを持った おしゃれな旅は夢のまた夢・・・。

この後のタイは一週間ほど イサーン地方の友達の家へと行って来ます。
去年の日記を見ていた方は覚えていますか? あのタガメとか蟻の子とか食べてたとこです。  また帰ったらイサーン料理を紹介しますのでお楽しみに☆

そして いよいよ帰国です。
東京の実家へ うれしい里帰り→平塚に住むおばぁちゃん家へ行って→熊本へと帰ります。   その間 多分ネットをやるとこが無いと思うので残念ながら、これが最後の旅日記になると思います。
今年も きらきら☆の旅日記を見てくれたいた皆様! コメントをくださった皆様!
本当にありがとうございました。
皆様の応援のおかげで きらきら☆元気に帰国出来そうです。

まだまだ お話しきれなかった沢山の出来事をこれからの日記でも書いていきたいと思いますので 是非見て下さいませ!


P1090005
それでは そろそろ出発です!
行ってきまーす☆
 
次は熊本からですばい^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ラスト2

ウブドからクタに戻ってきました。

今日は出来上がった服などを受け取り 郵便局からの送りも終えホッとしています。
しかし、毎度の事ですがバリの郵便局というのは不思議なとこで 場所によって値段が違うんです! つまり袖の下に入れてるということでしょうね・・・
バリにきたら、郵便局は公共機関だと思ってはダメですよ!

ディスカウントができる郵便局とは!? どうなってるのかバリよ・・・

しかし、ウブドは楽しかったです^^
宿もなかなか良いとこを見つけましたP1090237
宿からの眺めです。
熊本だったら 住んでいるとこによっては珍しくない眺めかもしれませんが 私は街っ子だからさぁー?!目の前に緑が広かっているのはうれしかったです・・・。
P1090200
家や道のいたる所においてあるお供えもの これを見るたびにバリには神様がたくさんいて守ってくれることを信じます。 お花・ごはん・お菓子・・・バリの神様は幸せだね。

このお供えものを作るのも芸術的だとおもいませんか! 
長い草をつかって上手に作っていくんです。
P1090196
葉に切れ目を入れて 細い竹串で止めていく
やらせてもらったけど 難しい・・・
P1090197
出来上がりはこれ↑ すごいね☆
自然に還るものだけで出来ていることがすてきだー!

次に来た時は、これの作り方マスターしたい!目標!


ウブドでもやっぱり ナシチャンプル^^
P1090192

おいしゅうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ウブドから でも・・・

3日前の満月の日からウブドに来ています。

クタでの暑さと騒がしさは なんだったんだ!っていうくらい涼しくて静かで過ごしやすいです。 ゆっくり眠れているし 久しぶりに友達にも会えうれしい!

この様子をお伝えしたいんですか どうも宿の近くのネット屋のパソコンがしょぼく写真が送信出来ないんです・・・ がっかりです。
ウブドのおすすめの店 食べ物の事などまたゆっくり紹介しますので しばしお待ち下さいませ!  ごめんなさい☆


今夜もお寺からガムランの音が聞こえてきて 気持ちの良い夜のウブドより・・・
  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »